ぎふ市民協は「成年後見制度」の活用を支援します

  「成年後見制度」とは、認知症、知的障がい、精神障がいなどによって物事を判断する能力が十分で

  ない本人について、その権利を守る援助者(程度により、後見人、保佐人、補助人)を選任し、ご本

  人を法律的に支援する制度です。この「法定後見制度」は、家庭裁判所に申立ての手続きをして、裁

  判所が援助者を選任します。また、将来の不安に備えて、元気なうちに、自分で援助者を決めて、公

  証役場で任意後見契約を結ぶ「任意後見制度」もあります。

■こんな時に利用します■

   ①認知症がすすんで、銀行のお金の出し入れができなくなったり、家計の管理ができなくなった。

 

   ②一人暮らしで、要介護状態、入退院を支援してくれる家族、身寄りがない。

 

   ③重い障がいがあるが、親御さんが亡くなってしまった。生活支援や財産相続の手続きが必要。

「ぎふ市民協法人後見センター」とは